教育著作権検定が来年開始へ 「現場で活用して」

教員と教員志望の学生を対象とした、「教育著作権検定」が来年から始まる。検定の創設を主導した、(社)コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の久保田裕専務理事は「教育現場で活用してほしい」と話す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。