子供と学校で認識に隔たり リーフレットで改善を

宮城県はこのほど、「学力向上に向けた5つの提言―理解 継続 自校化―」と題したリーフレットを公開した。各提言に基づいた実践における、児童生徒と学校の認識の隔たりを示した上で、これまでの授業を振り返り、学校全体で改善を図るよう求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。