貧困の連鎖を断ち切る 沖縄県が子供への支援事業決定

沖縄県は10月17日、同県内の子供の貧困解消を目指す「子ども未来ジョイントプロジェクト助成事業」を公表した。選定されたのは①児童養護施設の卒園予定者に対する就職・進学支援②食・学び・働くを通した子供の貧困対策③就労・住宅支援を伴う子供の暮らし応援――の3事業。同事業は経済団体、教育団体など、同県内各界の関係機関で構成される「沖縄子どもの未来県民会議」(県民会議)が設置する基金を活用し、同会議の構成会員が協働して取り組む。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。