障害学生の組織的支援を目指す 大学の連携事業を選定

文科省はこのほど、障害のある学生を将来を通じて組織的に支援するための、大学などによる連携プラットフォーム形成事業の選定結果を公表した。選ばれたのは京都大学と東京大学など。地域の関係機関や大学などと連携し、障害のある学生の支援に向けた共通課題に対応したり、個々の多様な社会進出を後押ししたりなどする事業の推進を目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。