高校生の登山講習会中の雪崩事故 栃木県が報告書公開

栃木県は10月16日、今年3月に同県那須町で発生した高校生の登山講習会中の雪崩事故について、検証委員会がまとめた報告書を公開した。事故が起きた背景的要因として、関係者全体に、多少の異常事態が起きても正常の範囲として捉えてしまう正常性バイアスや、講習会に対する形骸化があったと指摘した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。