国語が目指す学力を議論「ことばと学びを開く会」

国語科教員らで作る「ことばと学びを開く会」(会長・髙木まさき横浜国立大学教授)の第11回研究大会が10月21日、東京都港区の慶應義塾大学で開かれた。テーマは「新学習指導要領『国語』がめざす学力とは何か―『主体的・対話的で深い学び』をどう実現するか」。教員や教員志望の学生ら約650人が参加した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。