教員の盗撮を隠蔽 校長・教頭を書類送検

埼玉県教委は10月23日、県内の公立中学校で複数回にわたって、女子生徒が着替えている様子をビデオカメラで盗撮したとして、同校勤務の男性教諭(45)を懲戒免職に、そして同校の男性校長(59)と男性教頭(54)についても、その事実を隠蔽したなどとして、校長を停職6カ月、教頭を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。校長からは辞職願が提出されており、同県教委は同日、辞職を承認した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。