フリーター経験者の4割は大卒者 若者の働き方調査

(独法)労働政策研究・研修機構(JILPT)はこのほど、若者の働き方と意識に関する調査結果を公表した。調査は平成28年8月1日から10月3日にかけて、東京都の25~34歳の男女8千人を対象に実施。2893人から有効回答を得た(回収率37.4%)。結果からはフリーター経験者の高学歴化と、家庭の事情などでやむを得ずフリーターを選択する若者が増加していることが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。