高等教育の将来構想を検討 大学や産業界から意見

中教審は、第138回大学分科会と第7回将来構想部会を10月25日、文科省で合同開催した。日本の高等教育に関する将来構想として、東京大学の石川正俊教授、(株)日立総合経営研修所の迫田雷蔵取締役社長、日本商工会議所の青山伸悦理事が、それぞれの立場から意見を述べた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。