脳波利用した英語学習サービス 阪大などが開発に着手

「脳」そのものへのアプローチで、日本人が苦手とする、英語リスニング能力の向上を図る――。現在の脳の状態を、視覚などを通して本人に還元する技術「ニューロフィードバック」を用いた英語学習支援サービスを開発する取り組みが、このほど始まった。大阪大学、㈱NTTデータ経営研究所、㈱JSOL、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が共同で実施する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。