幼児と高等教育無償化で議論 産業界に3000億円拠出を

内閣官房の人生100年時代構想会議は、第2回の会合を10月27日、首相官邸で開いた。会議終了後に茂木敏充人づくり革命担当相などが会見して議論の概要を報告。幼児教育および高等教育の無償化や負担軽減に関するそれぞれの意見等を説明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。