将来的には全生徒に支給を模索 高校生への就学支援で予算確保

文科省の「高校生等への修学支援に関する協力者会議」は10月31日、第6回の会合を省内で開いた。委員は学校へのヒアリング結果などを踏まえ、高校の就学支援金や生徒への奨学給付金制度の在り方への論点整理を進めた。同給付金を巡っては、支給に伴う都道府県と国の役割分担や煩雑な事務負担、制度周知時の情報ギャップなどの問題に注目が集まった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。