トビタテ留学で定員の約3倍が応募 大学生ら1496人が

文科省はこのほど、官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第8期、平成30年度前期募集の応募状況を公表した。全国の238大学などから採用予定500人の約3倍の1496人の学生の応募があった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。