子育て世帯にいまだ深刻な影響が 大震災が進学や生活に制約

(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは11月1日、「東北沿岸部における、経済的に困難な状況下の子育て世帯への調査結果」を公表した。震災から6年が経過した現在もなお、その影響は深刻であり、子供が進学や生活を制約されている状況が浮き彫りとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。