全普高の奈良大会が開幕 「普通科高校の質向上に」

全国普通科高等学校長会(全普高)の「第67回総会・研究協議会 奈良大会」が11月1日、奈良県奈良市の県文化会館を会場に開幕した。大会テーマは「今後の普通科高等学校教育の在り方~新しい時代に必要となる資質・能力の育成を目指して~」。校長ら約550人が出席した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。