充実望む公的施策 「就学前施設の拡充」が7割

厚労省はこのほど、「平成27年社会保障における公的・私的サービスに関する意識調査」の結果を公表した。調査は27年7月、全国の20歳以上の男女1万3420人に調査票を配布・回収する方法で実施。9811人から有効回答を得た。子供・子育て支援の在り方として「現行の対策をより充実させていくべき」と回答した人が半数近くに上り、また優先的に充実させてほしい公的な施策は、約7割が「小学校就学前の施設の拡充」を挙げた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。