採点の公平性など校長ら不安視 全普高研究協議会

11月1日と2日に奈良県奈良市内で行われた全国普通科高等学校長会(全普高)の研究協議会で、大学入学共通テストについてのアンケート結果が発表された。記述式問題の採点の公平性や、2次試験の出願指導への影響を、校長らが不安視しているのが結果にあらわれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。