教員のわいせつ行為根絶に向けチェックシート 長野県

長野県教委は11月2日、教職員のわいせつな行為の根絶に向け、県内の公立学校に「自己分析支援チェックシート」を導入すると発表した。チェックの結果、相談が必要となった教職員には相談先も提供する。同教委は昨年10月から、わいせつ行為根絶のための特別対策を策定して取り組みを進めてきたが、チェックシートの導入でさらなる強化を図り、教育の信頼回復に努める。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。