子供の貧困やJKビジネスなど 日弁連が意見書

日本弁護士連合会(日弁連)はこのほど、子どもの権利条約に関する政府報告についての意見書を、都内で開いた記者会見で発表した。国際的に高い子供の相対的貧困率や、少女買春の温床になっている女子高生(JK)ビジネスの問題点などを指摘。問題解消への予算措置や、数値目標の設定、法整備の推進が必要とした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。