各地の教員有志が 働き方改革に現場目線で緊急提言

各地の教員有志が立ち上げた「現職審議会」が11月6日、東京都千代田区の全国町村会館で記者会見を開いた。中教審特別部会で審議中の、学校における働き方改革に、現場目線からの緊急提言として、給特法の改正や、部活動の縮小、授業準備や休憩時間の確保などを求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。