教育実習と就職・採用活動の重複 就職懇が影響調査

国公私立の大学や短大などで構成する就職問題懇談会は11月7日、平成29年度の就職・採用活動に関する調査結果の速報版を公表した。教育実習と、就職・採用活動の時期が重なったことについて、教育実習受講者への影響を大学や短大からの回答のうち、調査したところ、「予定通り受講」が36.1%、「影響はなかった」が26.1%。「採用面接を受けられなかった」が22.7%だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。