4人に1人が技術指導「できない」 新潟県運動部調査

新潟県教育庁は11月6日、同県の公立中・高における運動部活動の実態調査結果を公表した。指導に当たる教員の多くはやりがいを感じる一方、4人に1人が技術指導ができず、半数が他の校務分掌に充てる時間を持てていなかった。保護者からは教員の負担軽減に理解を示す声が寄せられたが、指導員の選定を不安視する意見もあった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。