中学で残業月100時間超 長野県教組が勤務実態調査

長野県内の公立小・中学校と特別支援学校教職員の1カ月当たり平均超過勤務時間が、前年度から1時間8分増えて83時間20分に上ったことが、県教職員組合がこのほど公表した勤務実態調査で分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。