AIの教育活用と可能性を議論 DITTがシンポジウム

(一社)デジタル教科書教材協議会(DITT)は11月9日、「AI時代の教育を考える」と題したシンポジウムを、東京都千代田区の東海大学校友会館で開いた。研究者やeラーニング事業者がそれぞれの取り組みを報告し、AI研究の現況や、教育活用の課題、可能性などを話し合った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。