電子書籍の利用経験 学齢が上がるほど増加

㈱ベネッセコーポレーションのサービス「電子図書館まなびライブラリー」はこのほど、小・中・高校生とその保護者を対象に行った、電子書籍の利用状況や読書を通じて起きた変化などの調査結果を公表した。電子書籍を使う割合は、子供の学齢が上がるほど増えていた。また、半数以上の小学生が「興味のあることが増えた」と回答した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。