いじめの認知件数333件減 三重県が独自調査

三重県は11月8日、いじめ問題に対する実態把握や取り組み状況に関する調査結果を公表した。県内の公立学校におけるいじめの認知件数は、平成29年4~9月の間で1670件となり、前年度の同時期に比べ333件減少した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。