宮城と熊本 校務支援システムのバックアップ共同研究

宮城、熊本の両県は11月9日、アルプ㈱と連携し、県立学校で利用している教務・校務支援システムの両県間でのデータバックアップに関する共同研究を実施すると発表した。大規模災害などに備えた強固なシステムの構築に向け、震災を経験した両県が協力する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。