保護者の認識と大きな差 子供のネット利用実態

長野県教委はこのほど、平成29年度「インターネットについてのアンケート」の調査結果を公表した。スマートフォンを使用する小・中学生の割合が急増するなか、使用する場所や利用するコンテンツ、インターネットを利用して経験したことなど多くの点で、子供と保護者の認識に差がみられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。