学校でできる医療的ケアの範囲など議題 協議を開始

文科省の「学校における医療的ケアの実施に関する検討会議」の初会合がこのほど、同省で開かれた。委員には、教委や特別支援学校長、小児看護学会などの関係者が参加。学校での医療的ケアに係る責任や役割分担、人工呼吸器の管理などの留意事項について協議を始めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。