179市区町村の首長が要望 子供の貧困対策で財源確保を

全国179市区町村が加盟する子どもの未来を応援する首長連合(子どもの貧困対策連合)は、第2回の総会を11月15日、東京都港区の日本財団ビルで開いた。今後の活動方針として、子供の未来を応援するための総合的な企画や情報交換、子供の貧困対策に向けた財源確保や国への制度改革の要望などを掲げた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。