IoTを活用した見守りシステム 府中市が実証実験開始

府中市は11月から、IoT技術を活用した見守りシステムの実証実験を開始した。小学校3校で実施。児童が持つビーコン(電波受発信器)を搭載した専用端末の位置情報を、家族や保護者がスマートフォンやパソコンで把握できる仕組みで、今後、3校の利用者の声を踏まえ、市内全域へのシステム導入を検討する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。