LINEの悩み相談2週間で約550件 年間の電話対応の倍

長野県とLINE(株)は、11月16日に文科省で共同会見に臨み、両者が連携協定を結んで今秋から取り組んでいた、県内中高生対象のLINEを通じた悩み相談事業の結果(中間まとめ)を公表した。2週間の相談受付期間中に1579件のアクセスがあり、前年度の1年間にあった悩みの電話相談259件の倍以上となる547件の相談に乗れたとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。