虐待相談対応は12万件超 前年度から約2万件増加

厚労省はこのほど、「平成28年度福祉行政報告例の概況」を取りまとめた。児童相談所への相談件数は45万7472件(前年度比1万8272件増)、児童虐待相談の対応件数は12万2575件(同1万9289件増)で、ここ5年間で年々増加している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。