児童虐待検挙数1041件で7割超が傷害・暴行 犯罪白書

法務省は11月17日、平成29年版犯罪白書を公表した。児童虐待の検挙件数は前年比256件増の1041件となり、10年前の19年と比べ約3.5倍となった。傷害と暴行が全体の7割以上を占めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。