髪染め強要 「地毛が黒と確認」と大阪府教育長が反論

頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され、精神的苦痛を受けたとして、大阪府立懐風館高校の女子生徒が、府に損害賠償を求めた訴訟をめぐり、府教育委員会の向井正博教育長は11月17日、記者会見を行い、地毛が黒いのを同校の教諭が確認した上で指導したとして、女子生徒の主張に反論した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。