長時間過密労働の解決求め 全日本教職員組合が提言

全日本教職員組合(全教)は11月20日、文科省で記者会見を開き、教職員の長時間過密労働の抜本的な解決を求める提言を出した。教職員定数の根本的な改善や、給特法改正などを求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。