災害時の児童生徒の安否確認ハンドブック 東京都が作成

「災害時の児童生徒の安否確認ハンドブック」表紙
「災害時の児童生徒の安否確認ハンドブック」表紙

東京都はこのほど、学校などの都内施設の防災担当者を対象とした「災害時の児童生徒の安否確認ハンドブック」を作成し、ホームページで公開した。11月中に、都内に所在する幼稚園・保育園、各学校などに配布する。

作成した背景には、都民を対象に実施した調査で、災害発生時に帰宅困難者となった際に心配な事項として、「家族の安否情報」が最も多く挙がったことがある。

この不安を解消するには、大規模災害発生時に児童生徒の安否を、所属する学校や保育所等の施設から、保護者に円滑に連絡するのが重要だとして、さまざまな安否確認のガイドラインやモデルケースを提示した。

ハンドブックは、大規模災害発生時の児童生徒の安否確認の重要性、事前準備、安否連絡の際の文例、児童生徒の安否に係るQ&Aなどで構成。記入式の安否確認マニュアル、災害発生時に活用できる安否確認チェックリスト、安否確認訓練の実施例などを盛り込んだ。

安否情報の連絡手段については、情報連絡メールやウェブサイト、電話、SNSなど、複数の情報伝達ツールを紹介し、それぞれのメリットや活用上の注意点を示した。

登下校中など、児童生徒が学校にも自宅にもいない場合の具体的な安否確認の手法も掲載されており、実践的な内容となっている。

都は11月中をめどに、都内の幼稚園・保育所、小・中学校、高校、特別支援学校、学童クラブや児童館など約1万1千施設にハンドブックを配布する。また、都の防災ホームページからダウンロードもできる。