23区内の大学定員増を法規制 有識者会議が素案

政府の「まち・ひと・しごと創生本部」に設置されている「地方大学の振興及び若者雇用等に関する有識者会議」は11月21日、第13回会合を開き、最終報告に向けた素案をまとめた。東京への過度な一極集中を是正する目的で、23区内にある大学の定員増を規制する法律の制定や、地方大学の活性化に向けた交付金制度創設などを提言した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。