道教委が学校閉庁日を検討 教員負担軽減で骨子案

北海道教委はこのほど、学校における働き方改革に向けたプランの骨子案を示し、夏休みなど長期休業中に教職員が出勤しない「学校閉庁日」の設定を検討していることを明らかにした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。