教育・福祉などが連携した支援必要 子供の貧困調査で

神奈川県はこのほど、子供に係わる支援者・相談者を対象とした、子供の貧困に関する意識調査の結果を公表した。貧困状況にある家庭の子供には、保護者への経済的な援助だけでなく、健康など医療面、生活、教育の各分野が連携した包括的な支援が必要だと考える支援者が多かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。