情報化の達成・成功要因を探る JAETが和歌山で大会

先進校・先進地域の関係者が登壇したシンポジウム
先進校・先進地域の関係者が登壇したシンポジウム

「ICT活用で創造する『主体的・対話的で深い学び』」をテーマに、日本教育工学協会(JAET)主催の、第43回全日本教育工学研究協議会全国大会(和歌山大会)が11月24、25日の両日、和歌山県民文化会館などを会場に開催された。大会では、ICTを効果的に活用した各教科の公開授業や、さまざまなテーマの研究発表、ワークショップが行われた。

初日のシンポジウムでは、堀田龍也東北大学大学院教授をコーディネーターに迎え、「“学校情報化先進校・先進地域”からの情報化の達成・成功要因を探る」をテーマに、議論が行われた。

同協会は、教育の情報化推進を支援するため、総合的に情報化を進めた小・中・高校を認定する、文科省後援の学校情報化認定事業に取り組んでおり、同事業で表彰された学校情報化先進校・先進地域の関係者が登壇した。

情報化の達成や成功要因に関しては、▽ICT環境が整備され、全教員・全児童が日常的にICTを活用し、授業改善につなげ、周辺の学校の教育実践に寄与している▽全教科・全領域の学習においてICTを活用し、自らの主体的・対話的で深い学びを成立・発展させている▽学校全体で校務の情報化に取り組み、教師の負担軽減と学習評価の質的向上に取り組み、開かれた学校づくりとしてWebサイトから継続的に情報を発信している――が挙げられた。

堀田教授は「新学習指導要領では、情報活用能力が『学習の基盤となる資質・能力』として位置づけられ、児童生徒がICTを活用して学ぶ学習活動がより求められるようになる。また、校務情報化の推進による教育活動の質的向上と、教員の業務負担軽減の重要性も増し、管理職が教員の理解を得て、ICT環境の整備を推進していく必要がある。そのような意味でも、JAETの学校情報化認定事業の果たす役割は大きいと思う」と述べた。