校長会などにヒアリング 教育振興基本計画めぐり

中教審の教育振興基本計画部会は11月27日、同計画について、全国高等学校長協会(全高長)などへのヒアリングを実施した。高校のアクティブ・ラーニング(AL)に関して、「効率が悪い」という意見が出されたり、特別支援教育の観点から、「多様なニーズを持つ者」とした目標の文言の修正を求められたりなど、同計画の記述や方向性に対する疑問、欠けている視点について指摘があった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。