働き方部会が中間まとめ案 業務適正化の観点など示す

中教審「学校における働き方改革特別部会」は11月28日、第8回会合を東京都千代田区の都道府県会館で開いた。教師の働き方改革に関する中間まとめ案が検討された。同案では、部活動への外部人材の活用など、教員の長時間労働の是正や多忙化の解消に向け、国、教委、学校が取り組むべき方策や、教員以外が担うべき業務における具体的な役割分担などが示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。