食物アレルギーのパンフレット 群馬県が公開

「正しく知ってる?食物アレルギー」の表紙
「正しく知ってる?食物アレルギー」の表紙

群馬県は11月27日、食物アレルギーに関する正しい知識を広めるためのパンフレット「正しく知ってる?食物アレルギー」を作成し、県のウェブサイトで公開した。県の施設や各保健所、小中学校、幼稚園などに無償で配布する。

県内で食物アレルギー対策に取り組んでいる大学教員や保健師・栄養士、養護教諭らが参加する群馬県食物アレルギー理解促進検討委員会が作成した。

A4サイズ、オールカラーの全8ページで、▽食物アレルギーってなに?▽食物アレルギーの人は増えているの?▽どんな事例があるの?▽アレルギー表示のルールは?▽注目情報は?▽食物アレルギーかもしれないと思ったら?――の6パートで構成。

アレルギー発症の仕組みや、原因となる食品、保護者が注意していても発症してしまった事例などを分かりやすくまとめた。

市販食品を購入する際は、食品から連想しにくいアレルゲンが含まれているものがあると注意喚起。予防法や自己判断での食物除去の危険性についても触れている。

県は6万部を作成、県食品・生活衛生課、県民センター、各保健所のほか、市町村、小・中学校、幼稚園・保育園、認定こども園などに無償配布する。

県ウェブサイトの食物アレルギー専用ページからダウンロードもできる。

関連記事