公取委が中学制服の取引実態を調査 学校に注意喚起

公正取引委員会は11月29日、公立中学校の制服の取引実態に関する調査報告書を公表し、学校がメーカーや販売店に対して行っている取引慣行が独占禁止法などで問題となる場合もあるとして、注意を喚起した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。