学校給食甲子園 埼玉県越生町立越生小が優勝

NPO法人21世紀構想研究会(馬場錬成理事長)が主催し、文科省、農水省などが後援する「第12回学校給食甲子園―地場産物を活かした我が校の自慢料理―」決勝大会が12月3日、東京都豊島区の女子栄養大学で開催された。埼玉県越生町立越生小学校(小林洋介栄養教諭、三好景一調理員)が優勝した。栄養教諭、調理員ともに男性のペアで優勝したのは初めて。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。