過労死遺族らが要望 学校の働き方改革中間まとめ案で

研究者や過労死の遺族などで構成される「教職員の働き方改革推進プロジェクト」の青木純一日本女子体育大学教授らは12月4日、学校における働き方改革に関する中間まとめ案に対する見解を示し、下間康行審議官(初中教育局担当)に提出した。同見解では、中間まとめ案に一定の評価をしつつ、実効性のある取り組みを具体化するよう求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。