ユネスコスクール全国大会が開催 教員ら900人が参加

文科省・日本ユネスコ国内委員会が主催する「第9回ユネスコスクール全国大会・持続可能な開発のための教育(ESD)研究大会」が12月2日、福岡県大牟田市の大牟田文化会館で開催された。「我が国を最先端の持続可能な社会に―ESDのゴールを目指して―」を全体テーマに、国内大会としては過去最大となる約900人の教員、研究者、関連団体らが集まり、ESD教育の実践に関する講演やワークショップ、パネルディスカッションが行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。