仕様の共通化で7~27%安く 中学制服の販売価格

公正取引委員会がこのほど公表した、公立中学校の制服の取引実態に関する調査では、制服の販売方式や販売価格なども明らかとなった。学校ごとに制服の仕様を定めるよりも、市町村単位で仕様を共通化した方が、平均販売価格がおよそ7~27%安くなるのが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。