避難児童生徒の教育支援継続求める 福島県双葉町長

福島県双葉町の伊澤史朗町長は12月4日、水落敏栄文科副大臣を訪問し、東日本大震災に伴う原発事故で避難している同町の子供たちの、避難先での教育支援継続などを求めた要望書を手渡した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。